表紙

表紙印刷

4色:通常フルカラー(CMYK)4色:通常フルカラー(CMYK)

C(シアン:青)M(マゼンタ:赤)Y(イエロー)K(ブラック)の4色で印刷した、一般的なフルカラーオフセット印刷。
フルカラーで作られた原稿をCMYKのそれぞれの版に分解して印刷します。

4色:蛍光ピンク差替4色:蛍光ピンク差替

通常フルカラーのM(マゼンタ:赤)を蛍光ピンクに変更したもの。通常フルカラーより肌色の発色がよくなりますが、赤がオレンジ色のようになることがあります。
特に金赤、茶色、紫など、赤の要素を強く含む色は大幅に色が変わってしまうことがありますので注意しましょう。

4色:蛍光ピンク配合4色:蛍光ピンク配合

M(マゼンタ:赤)に蛍光ピンクを配合したもの。通常フルカラーより肌色・ピンク・オレンジ・紫などの発色がよくなります。赤の要素を強く含む色は大幅に色が変わってしまうことがありますので注意しましょう。
蛍光ピンクとマゼンタの配合量は印刷会社およびセットによって異なります。

オンデマンドフルカラーオンデマンド単色刷りオンデマンド印刷

本来は印刷方式を表したものではなく、必要なときに少部数でも印刷できるものを表した言葉。現在の同人誌印刷では本来の意味ではなく、デジタル印刷機で印刷することを指しているものが多いです。
このデジタル印刷機等を用いることにより、オフセット印刷よりも少部数・短納期・低コストでの印刷が可能となりましたが、 オフセット印刷よりも印刷の再現度が落ちることがあります。

部数が増えるとオフセット印刷よりも割高になりますので注意しましょう。

オフセット単色刷りオフセット2色刷りオフセット2色刷りオフセット3色刷り色刷り可能単色刷り・多色刷り(2色刷り・3色刷り)

単色刷り(1色刷り)は文字通り1色のインキのみを使用したものです。フルカラー印刷に比べ、安価でできるのが魅力です。

多色刷りは2色や3色等複数の色インキを重ね刷りする方法。色インキを順番に重ねていくので、赤と黄色のインキを重ねてオレンジにする・色紙に印刷するなど、使用するインク数以上の表現方法があります。
フルカラー印刷と違って、それぞれのインキ用の版を黒一色で作ります。

ページTOPへ戻る


表紙用紙:特殊紙利用可能表紙用紙:特殊紙へ紙替え可能表紙用紙

各セットごとに用意された表紙用紙から選びます。
ベーシックな用紙だけでなく、変わった風合いの用紙(特殊紙)が選べる場合もあります(表紙紙替え)。

表紙用紙を何にするかで本の印象が変わってきます。以下では代表的な用紙の特徴をご紹介します。

アートポスト 表裏に塗工をしてツルツルとした手触りにしたもの。光沢があります。コート紙よりも厚め。発色が良いのが特徴。
ミラーコート紙 表面に塗工をしてツルツルとした手触りにしたもの。光沢があります。発色が良いのが特徴。
マットコート紙 表面にマット塗工をし、サラサラとした手触りにしたもの。ツヤ消しされているので、高級感があります。発色が良いのが特徴。
上質紙 表面に加工がされていない一般的な用紙。コート紙やマットコート紙に比べて発色は劣ります。
色上質紙 色がついた上質紙です。紙の色の影響を受けますので、フルカラー印刷などに使用する際には注意してください。
単色・多色刷りに使用すると、インクの色との掛け合わせで面白い効果が得られます。

ページTOPへ戻る


光沢加工

クリアPPマットPPホログラムPPPP加工

印刷された紙にポリプロピレンの薄いフィルムを圧着する加工。紙そのままよりも耐久性が少し増します。

光沢ニス光沢ニス加工

表面にニスでコーティングし、紙の耐久性を上げたもの。
強度や光沢具合はPP加工よりも劣りますが、古紙として再利用することが可能です。

背表紙部分に印刷があると、ひび割れの原因となることがありますのでご注意ください。

ページTOPへ戻る


表2・表3フルカラー表2・表3単色刷り表2・表3印刷

表紙(表1)・裏表紙(表4)の裏側に印刷すること。ベタが多いと表側に裏写りする場合があります。

ページTOPへ戻る


箔押しホログラム箔押し箔押し

金属箔を熱転写する加工。

箔の種類は、金や銀などのメタル箔から、キラキラとした3Dパターンが印刷されたホログラム箔まで様々なものがあります。
印刷会社によって取り扱っている箔が違いますのでご注意ください。

極端に細い線や細かい文字などは再現できない場合があります。

印刷をした後に箔押しをしますので、指定位置から多少のズレが発生することがあります。ある程度ズレても問題がないデザインにしましょう。

ページTOPへ戻る


表紙その他加工

印刷会社によっては、様々な特殊加工を取り扱っている場合がございます。
詳しくは各セット内の簡易ヘルプをご覧ください。

ページTOPへ戻る


製本

体裁

仕上がりサイズ
ページ数

表紙(表1)、表紙裏(表2)、裏表紙裏(表3)、裏表紙(表紙4)を含んだ、表紙から裏表紙までの総ページ数を指します。
24ページの本だったら、

となります。
本文のページ数+表1~4=総ページ数となりますので注意しましょう。

ページTOPへ戻る


製本方法

綴じ方:天綴じ綴じ方:横綴じ綴じ方向
右綴じ
表紙を表にした時に、綴じてある部分が右側にくるものが右綴じです。
主に文章が縦書きのものに用いられます。一般的な日本語のマンガは文章が縦書きですので、右綴じが一般的です。
基本的に同人誌の殆どが右綴じです。
左綴じ
表紙を表にしたときに、綴じてある部分が左側にくるものが左綴じです。
主に文章が横書きのものに用いられます。英文などの横書き文章やパンフレットなどは左綴じを選ぶことがあります。

右綴じ・左綴じ以外にも、天綴じ(上で綴じたもの)や横綴じなどが利用できる場合もあります。

綴じ方:無線綴じ綴じ方:中綴じ綴じ方
無線綴じ
背の部分に糊を付けてとじる製本方法です。ページ数が多い本に対応できます。
中綴じ
表紙と本文をまとめ、本の中心に折り目をつけて針でとじる製本方法です。ページ数が多くなると中綴じはできません(対応しているページ数は印刷会社各社様によって違います)。
1枚の紙を半分に折って製本するので、見開きで2ページ・その裏面で2ページの合計4ページで1枚の紙となり、表紙を含めて必ず4の倍数で作らなくてはいけません。

ページTOPへ戻る


変形断裁変形断裁

指定の位置で本を断裁します。正方形の本や、縦長本、ヨコ綴じ本などを作ることができます。

原稿には断裁位置を示したトンボを必ず入れてください。

正方形本+メモ帳など、断裁したあまりの部分も使用する場合は2回断つ必要があります。
この場合は、断裁位置を示したトンボを2本と塗り足しを入れてください。

ページTOPへ戻る


角丸角丸加工

本の角を丸くカットします。印刷会社によっては、中綴じの本には適用できない場合があります。

小口側(綴じていない方)をカットします。
ノド側(綴じている方)をカットします。平綴じの場合、背の部分の糊がはがれたようになることがあります。
4つ角全てをカットします。平綴じの場合、背の部分の糊がはがれたようになることがあります。

ページTOPへ戻る


製本その他加工

印刷会社によっては、様々な特殊加工を取り扱っている場合がございます。
詳しくは各セット内の簡易ヘルプをご覧ください。

ページTOPへ戻る


本文

本文オフセットフルカラー本文オンデマンドフルカラー本文オフセット印刷本文オンデマンド印刷本文色刷り可能本文印刷

本文印刷時の刷り色を選択します。基本はスミ(黒)ですが、セットによっては色インクでの印刷や、本文もフルカラー印刷できるものもあります。

用紙の色によって実際の印刷の見た目が変化することがありますのでお気をつけください。

ページTOPへ戻る


本文用紙:0.15mm以上の厚めの紙の使用可能本文用紙:特殊紙へ紙替え可能本文用紙

本文用紙を選択します。色や質感だけでなく、厚みも考慮してください。
インクの色によって実際の印刷の見た目が変化することがありますのでお気をつけください。

ページTOPへ戻る


遊び紙

遊び紙利用可能遊び紙:特殊紙利用可能遊び紙:特殊紙へ紙替え可能遊び紙について

遊び紙とは、見返し(表紙裏:表3)と本文の間にはさむ紙のことです。本文用紙とは違った紙をはさむことで、体裁をととのえます。

巻頭に入るものを【前ペラ】、巻末に入るものを【後ペラ】と呼ぶことがあります。
中綴じ本に遊び紙を入れる際には、製本の関係上、かならず巻頭・巻末の両方に入れます。無線綴じはこの限りではありません(印刷会社各社様によって違います)。

遊び紙は基本的にページ数として数えません。

ページTOPへ戻る


遊び紙印刷:単色刷り遊び紙印刷:色刷り可能遊び紙印刷

遊び紙に印刷することができます。
フルカラーで印刷したい場合は、【カラー差し込み】の項目をご覧ください。

ページTOPへ戻る


フルカラー差し込み(カラー扉・巻頭カラー・カラー口絵等)

オフセットフルカラー差し込みオンデマンドフルカラー差し込みフルカラー差し込みとは

一般的にフルカラー扉は片面がフルカラー印刷されたものを表紙の次・本文の前にはさみこむもの。
巻頭カラーは、複数ページに渡ってカラーで印刷されたページを表紙の次・本文の前にはさみこむものです。

印刷会社によっては、カラー口絵と呼ぶこともあります。

巻頭だけではなく、本文中に挟み込むことができる場合もあります。

ページTOPへ戻る


納品

送料1ヶ所無料分納可能納品について

お届け希望日や場所の指定がある場合は、必ず発注時に納品指示をするようにしてください。

イベントへの搬入をご希望の際、イベント主催者側から納品指示書などが送られてきている場合は、納品指示書を添付するようにしてください。納品指示書がない・スキャナなどで取り込めない場合は、納品先指定画面にて納品指示の詳細を入力することができます。
詳しくは、ご利用ガイドの【搬入要項(搬入指示書)ZIP】をご覧ください。

分納は、複数の宛先に納品することをさします。イベントと自宅等の別住所への納品だけではなく、同じイベントの別スペースという場合も分納になります。

ページTOPへ戻る


納品希望日指定

納品希望日を設定し、【主なイベント】【自宅(その他配送)】を選んでください。
あくまでも納品希望日であり、その日に確実に納品されるわけではございませんことをご了承ください。

主なイベント

するる上に登録されている代表的なイベント一覧が表示されます。
(個人主催のイベント等は一覧に表示されない場合がございます。)

一覧に表示されないイベントの場合は、【自宅(その他配送)】を選択し、納品先登録のページにてイベント会場等の詳しい情報をご入力ください。
イベント合わせの場合、搬入要項が用意されている場合がございます。それぞれのイベントの搬入要項に従って納品希望日を指定してください。

自宅(その他配送)

自宅(その他配送)】および【主なイベント】以外の場所に送る場合に選択してください。

一覧に表示されないイベントの場合は、【自宅(その他配送)】を選択し、納品先登録のページにてイベント会場等の詳しい情報をご入力ください。
イベント合わせの場合、搬入要項が用意されている場合がございます。それぞれのイベントの搬入要項に従って納品希望日を指定してください

ページTOPへ戻る


その他

印刷部数

印刷会社およびセットによって発注できる部数が異なります。
入力した部数によっては希望のセットがヒットしない場合がございますのでご了承ください。

ページTOPへ戻る


料金

金額を指定すると、その金額の範囲内で検索します。予算が決まっている場合は料金を指定してみてください。

ページTOPへ戻る


セット内容アイコン

■表紙印刷関連アイコン
4色:通常フルカラー(CMYK) 4色:通常フルカラー(CMYK)
4色:蛍光ピンク差替 4色:蛍光ピンク差替
4色:蛍光ピンク配合 4色:蛍光ピンク配合
オンデマンドフルカラー オンデマンドフルカラー
オフセット単色刷り オフセット単色刷り
オンデマンド単色刷り オンデマンド単色刷り
オフセット2色刷り オフセット2色刷り
オフセット3色刷り オフセット3色刷り
色刷り可能 色刷り可能
■表紙加工関連アイコン
表紙用紙:特殊紙利用可能 表紙用紙:特殊紙利用可能
表紙用紙:特殊紙へ紙替え可能 表紙用紙:特殊紙へ紙替え可能
クリアPP クリアPP
マットPP マットPP
ホログラムPP ホログラムPP
光沢ニス 光沢ニス
表2・表3フルカラー 表2・表3フルカラー
表2・表3単色刷り 表2・表3単色刷り
箔押し 箔押し
ホログラム箔押し ホログラム箔押し
フルカラーカバー フルカラーカバー
単色刷りカバー 単色刷りカバー
■製本方法関連アイコン
綴じ方:天綴じ 綴じ方:天綴じ
綴じ方:横綴じ 綴じ方:横綴じ
綴じ方:無線綴じ 綴じ方:無線綴じ
綴じ方:中綴じ 綴じ方:中綴じ
変形断裁 変形断裁
角丸 角丸
■本文関連アイコン
本文オフセットフルカラー 本文オフセットフルカラー
本文オンデマンドフルカラー 本文オンデマンドフルカラー
本文オフセット印刷 本文オフセット印刷
本文オンデマンド印刷 本文オンデマンド印刷
本文色刷り可能 本文色刷り可能
本文用紙:0.15mm以上の厚めの紙の使用可能 本文用紙:0.15mm以上の厚めの紙の使用可能
本文用紙:特殊紙へ紙替え可能 本文用紙:特殊紙へ紙替え可能
■遊び紙関連アイコン
遊び紙利用可能 遊び紙利用可能
遊び紙:特殊紙利用可能 遊び紙:特殊紙利用可能
遊び紙:特殊紙へ紙替え可能 遊び紙:特殊紙へ紙替え可能
遊び紙印刷:単色刷り 遊び紙印刷:単色刷り
遊び紙印刷:色刷り可能 遊び紙印刷:色刷り可能
■カラー差し込み関連アイコン
オフセットフルカラー差し込み オフセットフルカラー差し込み
オンデマンドフルカラー差し込み オンデマンドフルカラー差し込み
■納品関連アイコン
送料1ヶ所無料 送料1ヶ所無料
分納可能 分納可能

ページTOPへ戻る